Service

  • ビジネスモデル
  • 事業内容
  • 導入事例
  • HOME
  • ピークパーソン 社長ブログ
  • 秘書代行サービス
  • 美職

事業案内

事業内容

CTIインフラストラクチャー・プロバイダー・サービス:コンタクトセンターは「テクノロジーの宝庫」そこで培ったノウハウをあらゆる場面で提供します。

電話はもはやコンピューターと切り離せない時代です。顧客との関係をどうやって効率的に保つか、また、データをどのように集積し、どのように売上に結び付けていくのか。テクノロジー抜きでは語れない世界がそこにあります。

概要

当社では、コンタクトセンター運営で培った電話やコンピューターシステムに関連するノウハウをコンタクトセンターはもとより、一般企業のオフィスにも応用できるようサービスを提供します。安全、迅速かつ低コストなチョイスができるように、常に最新の情報を入手し、ご提供する体制を整えています。

少人数で電話応対を実現するために・・・
IVR[自動応答システム]
  • 音声ガイダンスで自動対応
  • 受付をIVRが行い、担当部署にそれぞれ分岐
  • 時間外や休業日のアナウンスにも利用可能
  • オペレーターの通話時間を減らすことができ、人件費の削減が可能
非効率な待ち時間を削減するために・・・
ACD[自動着信分配]
  • 受付可能状態で待ち時間が最も長いオペレーターから順に、コールを自動振り分け
  • 限られたオペレーターの効率的な活用が可能
  • オペレーター間での不公平がなくなるため、不満も減り、定着率アップ効果も
入電状況を的確に把握するために・・・
CMS[コールマネジメントシステム]
  • コールセンターに入電したコール数や発信数、オペレーター別の処理数・対応時間等のデータをリアルタイムで集計・レポート
  • スーパーバイザーやマネージャーが、管理・運営しやすいセンターを実現
データベースと電話の連動で即時対応を実現・・・
CTIシステム
  • 着信すると同時に、電話機からオペレーターのPCデータベースに発信者番号を送信
  • データベースがユーザー情報を自動検索し、該当画面を表示
  • オペレーターがユーザー情報を素早く認識できるため、業務効率がアップ
攻めのツールとしてのコールシステム・・・
プレディクティブダイヤリングシステム
  • 電話を自動的に発信し、「話中」「不在」「応答」といった発信結果を認識
  • 応答があった電話のみを均等に待機中のオペレーターに分配、接続
  • オペレーターの負荷を軽減するとともに通話先とのコンタクト時間を最大にし、生産性がアップ
複数業務の同時執行を可能にするために・・・
ウィスパリング機能
  • ユーザーからの電話がオペレーターに繋がる前に、その業務内容を伝達
  • 1人のオペレーターが複数業務をこなす際に便利
  • 混乱を防ぎ、スムーズに対応することが可能に
営業担当者より
電話の進歩は目覚しいですね。ブロードバンドの普及は、IP電話の普及も一気に加速させました。まだまだ、「関係ないね」とおっしゃるお客様がいらっしゃるのも事実です。でも、携帯電話だって、まだ、実質10年そこそこの実績ですよね。ぜひ、「積極的に新しいことにチャレンジしたい」というお客様と一緒にわたしたちも成長していきたいですね。